病期というのはガンの進行を知るための分類で、ガンの大きさや広がりによって病期が分類されていて、数字が大きいほどガンの進行が進んでいることになります。病期分類は最善の治療を計画するための分類なので全てを患者に知らせる必要性はありませんが、基本的には家族や本人にもがんの進行をステージや病期という言葉を使って説明をします。クラミジアは男性にも女性にも感染する日本で最も多い性感染症ですが、症状が出る確率が女性の場合は20%で、男性が50%とされていて、男性の方が確率的には症状が出やすいのですが、軽い尿道炎程度の症状なのでクラミジア感染に気が付かないまま治癒してしまうことも多いとされています。クラミジアによる女性の起きる症状で一番多いものはおりものが増えることや生理痛のような軽い腹痛で、これらに関しては女性によっては日常的に起こりうる症状なので気が付かないことも多いとされていて、放置しておくと子宮内にクラミジアが侵入して子宮内膜炎や卵管炎などが起きるので、将来的に不妊症になることもあります。また妊娠中にクラミジアに感染すると流産や早産が起きるのでパートナーが感染していないかを確認してからセックスを行わなければ出産時のリスクが高まります。クラミジアによる感染は症状が重くなることもあるのですが、確率的には低いとされていて、適切な治療を行うことで1ヶ月程度で完治するとされています。しかし細菌が骨盤や肝臓まで侵入すると骨盤腹膜炎などの重篤な症状がでるので入院する必要があります。また抗生物質による投薬治療が行われますが、最近では抗生物質の効かない耐性菌による重症化の可能性も指摘されているので、コンドームによる予防が重要になります。