最近は若い世代の性意識の低下等が影響で、性感染症が流行っています。
特に性感染症の中でもポピュラーなクラミジアは現在国内で100万人の患者がいると言われています。
なぜこれだけの感染者数がいるかというと、それはクラミジアそのものの症状の特徴が原因の一つにあります。
まずクラミジアはその他の性病と比べると症状が軽い傾向にあり、感染してしまったとしても気付きにくいという事があります。
その為クラミジアに関せんしている方が、その感染に気付かずに第三者へとそれを伝染してしまい感染が広まってしまうのです。
多少の症状があれば気付くことも可能ですが、まったくの無症状の方も中にはいるので非常に厄介な感染症です。
また、このクラミジアはそれを放置しておくと、エイズや淋病といった感染症のリスクが高くなると言われています。
ですのでクラミジアに感染しないように日頃から、コンドームを利用したり、不特定多数の人と性交渉をするのを避けるといった事が重要になってきます。
クラミジア感染患者数は国内で100万人以上と見られ、身近にある性感染症となっています。
ですので、まずは性感染症を予防する為の努力を行い、自分が感染しないようにしていきましょう。
加えてもし感染してしまったら、それを広めない事も大切です。