クラミジアは直腸に感染することがあるので、肛門を使った性行為をすることで感染することがありますが、症状が出るのは性器や口の中なので、コンドームをして粘膜の接触を避けることで感染のリスクを下げることができますが、肛門性交に関してはHIVなどの感染リスクも高めてしまうので、クラミジアだけでなく様々な感染症のリスクを高めるとされています。肛門性交は直腸の粘膜と接触することで血液感染や粘膜からの感染があるので、通常のセックスよりも感染リスクが高まるとされています。クラミジアは日本だけでなく世界中で患者数が増えている性感染症で日本では自治体が保健所での無料相談などを行って性病検査の必要性を啓蒙しているのですが、ほとんどの若者は性感染症に関してはあまり関心がないので、実際に症状が出ないと病院を受診しないことが多いとされています。無料相談はHIV感染の不安のある人や性病の疑いのある症状に悩んでいる人が医師や保健師に相談をする窓口なので、検査機関を紹介してもらうことができます。性病科の病院を受診すると検査が行われますが、クラミジアの場合は即日検査の場合は精度が低下するので、尿などを採取して詳しい検査を行って感染の有無を確かめる必要があります。クラミジアは女性の80%が無症状なので気が付かないまま他の人に感染させていることが多いとされていて、不特定多数のパートナーがいる場合はクラミジアなどの性感染症のリスクが非常に高くなります。性病の大部分は完治することが可能ですが、HIVやB型肝炎などは完治することが難しいので治療にはかなりの期間を必要とします。クラミジアは性感染症の中でも症状が軽いものなので自然に治癒してしまう場合があります。