性病の中には激しい痛みがすぐでたり、何か性器にできものができたり、感染したことがすぐ分かるものもあれば、そうでないものもあります。

性病の中の1つにクラミジアというものがあります。これはクラミジア・トラコマチスという細菌が原因です。この細菌は以前は目にすみついていたのですが、水道水の普及によって体が清潔に保たれるためったに見つかることがなくなりました。

クラミジアはそれでもなくなったわけではなく、女性の場合子宮けい部、男性の場合尿道にすみついており、なんらかの原因で感染することのある恐ろしい性病です。

たとえば昨今、性風俗の店が多くなり、若い女性から熟年女性が働いている場合があります。

性風俗のお仕事のメニューの中で、不特定多数の人とオーラルセックスのようなことをした場合、誰かがクラミジアに感染していると次から次へと感染が拡大してしまう場合があります。

オーラルセックスはダイレクトに細菌が触れ合うので感染するリスクが高く、危険な行為です。成人向けビデオなのでオーラルセックスに触発されて真似すると、取り返しのつかないことになるかもしれないので注意が必要です。

というのもクラミジアは感染しても最初のうちは自覚症状がほとんどなく、ノドや性器に感染しても見落とすことが多いのです。

女性の場合おりものが増えたり、悪臭がする場合がありますが、ほうっておくと菌が子宮やお腹のほうまで感染してしまい激しい痛みが生じる場合があります。

時には不妊症になる場合もあるため、少しでも気になる違和感がノドや性器に生じた場合、婦人科でおりものの検査をしたり、通販でキッドが売られているので調べてみるのもいいです。

もし感染していたらしっかり薬をのんで、治療する必要があります。