妊娠した女性にとってもっとも恐ろしいのが子宮外妊娠です。
おもに受精卵が卵管に着床してしまうことで生じるこの病気。胎児が無事に成長できないのはもちろん、そのまにしておくと大量の出血によって母体にも危険な状態をもたらすことになります。
じつはこの子宮外妊娠、クラミジアが原因で子宮外妊娠や不妊症の原因となるのです。

どうしてクラミジアが子宮外妊娠の原因となるのかといいますと、これは不妊症とも関わってきます。この性感染症は女性に感染するとどんどん体の深部にまで進んでいきます。子宮からさらに卵管にまで達すると卵管炎や卵管閉塞といった問題を引き起こすリスクがあるのです。

卵管が狭くなることで妊娠が難しくなるわけですが、精子が卵管を通りぬけたものの、受精卵は子宮に戻ることができずにそのまま卵管で着床してしまうケースが多いのです。このケースからもわかるように、クラミジアがもたらす不妊症と子宮外妊娠は背中合わせに存在している問題なのです。

感染したにも関わらず治療を行わずに放置していた場合だけでなく、過去に感染したことがある場合にも子宮外妊娠のリスクが高まると言われています。それだけに妊娠時にはクラミジアの感染の有無や卵管の状態を確認しておくことが不可欠となります。

症状があらわれにくいことから発見が遅れやすく、また性感染症への抵抗感からついつい医療機関で検査・治療を受けるのを引き伸ばしてしまう傾向があるクラミジアですが、放置しておくとこのような恐ろしい病気を引き起こすことがあるため、現実をしっかり見据えた上で適切な対策をとることが求められるのです。
比較的症状が軽いため見過ごしがちですが、クラミジアは放置すると不妊を招きますし、エイズや淋病など他の性感染症への感染率が3~5倍にもなってしまいます。